あるビル建築の現場を見ていて感じた。何か人づくりに似ているなと。まず、建築する(育てる)にあたっては、基礎工事、続いて仮設で固められながら(見守られながら)ビルが伸びて(人が育って)いく。出来上がると(成長すると)仮設資材を取り去り、一人で立つ。ものづくりの世界ではこんなに懇切丁寧にものづくりが行われているのに最近の人づくりが余りに淡白に感じるのは何故だろう。