一般的に人は、苦しい、悲しいという感情を嫌う。しかし反面、そのような気持を感じ、時を過ごせるのは生きている証とも言える。生きているからこその苦しい、悲しいである。死すものには決して感じることのできない感情である。生きてる者の特権とも言えよう。ならばこの際、じっくりと味わってみるのも乙ではないだろうか。人生、長くを見ればそのような感情はひと時。ここはその先にある楽しいに向け我慢比べをしてみよう。image