人を評価するのは本当に難しいことだ。誰もその人の全てを知るはずもない。結果、その人の一部を見て評価することになる。もちろん正しい評価基準に則りやったことが前提である。世の中には数字だけでは推し量れないことがいっぱいだ。しかし確実に言えるのはどこかで必ず人は見ているということ。一時的に不遇の評価であっても信念もった行動はやがては評価される。人生の一コマの評価に一喜一憂すべきではない。その意味からすると、 評価されない役割を引き受けることも大事なことと言えよう。