慣れると舐めるは違う。慣れるとは、経験した結果、ある事象を当たり前のこととして受け止めるようになること。一方、舐めるとは、あなどる、軽んずることである。人は物事に慣れない内は、(要領は悪いが)緊張感をもって臨む。しかしながら慣れてくると、ついつい手抜きをしがちである。これは慣れるというより舐めているということである。真の慣れるとは、体になじんで当たり前のことが当たり前のようにできるようになるということ。それが出来ないのは、頭だけで理解している証拠である。

~言葉との出会い~