一般的に要領がいい人というと、「手を抜いたり、人に取り入ったりするのがうまい人」などとどちらかと言えば、悪いイメージが先行する。しかしながら要領とは、物事をうまく処理する方法、手段であり、要領がいいとは、その方法を心得ているとか、手際がいいということになる。むしろ見習うべき人である。少数精鋭の組織運営が求められる今、業務効率の向上は欠かせない要素であり、そのためには、要領のよい人のやり方を見える化し、標準化し、マニュアル化することが一番である。今後は、これまでの品質水準の確保を目的としたマニュアルに加え、業務効率を向上させるためのマニュアル整備がより求められてくるだろう。

~言葉との出会い~