世の中の企業は、意外と基本的なことが出来ていないものである。たとえば管理。管理とは、PDCA、計画・実施・チェック・見直しだが、管理の弱い企業は、まずこのCのチェックが出来ていない。やりっ放し、やらせっ放しである。出来たのか、出来なかったのか?ケジメがついていないのである。ケジメをつけて次に進むことを習慣化することにより企業の組織体質は飛躍的に高まる。続いてAの見直し、改善。なぜ出来なかったのか?どうしたら出来るのか?そしてそれはどういった手順でやるのか?誰がやるのか?である。さらに付け加えるならば、実は我々が管理すべきはPのプランであることが理解できてくる。より効果性が高いプランをいかにして作るか、やる前から勝負はついているものだ。プランの出来具合で。。。

~言葉との出会い~