若者からよく"やりたい"という話を聞くが、"やる、やってみせる"という話はあまり聞かない。やりたいという希望だけでは進まない、やるという意志をもったとき、はじめてゆっくりにしろ歯車が回りだす。ただやりたいというだけでは逃げ道ばかりつくってしまう。やれなかったらどうしようという前にまずはやってから考えてみてはどうだろう。やってみてできなかったのとやる前から逃げているのでは大違いだ。後者はまだ土俵にさえあがっていない。成功や成長、新たな発見はやるという自分を前に押し出す勇気からはじまる。

~言葉との出会い~