一生懸命とは、辞書では「命がけで物事を行う。全力で何かをする」とある。私は、「今を精一杯生きる」ことととらえ自分なりに頑張ってきた。長い人生、その時その時を一生懸命に生きようと。人間がダメになってしまうのは、何かつらいことや気になることがあるとそのことで頭が一杯にになり、何も手がつかなくなってしまったり、やけくそになってしまうことがきっかけではないかと思う。なかなか機械と違う人間だけに気持の切換えはできないものである。先々のことを考えながら生きるのは大切だが、今をそして目の前の仕事や物事をまずは一生懸命やる、それはもっと大切なことだと思う。

~言葉との出会い~